スザンヌ博士とフォレストさんの集団免疫のお話

f:id:jugtde:20210109201511j:plain

字幕のない動画を機械的に文字起こししました。
日本語訳は英語の下の方にあります。
機械翻訳なので完全なる翻訳ではありませんが概ね意味が理解できると思います。

Unknown 0:07
All right.
So this is a question from someone that so imagine I'm that person asking the question.
Every time I go out with my unvaccinated my decision looks at donalda research. And I've decided, I'm not going to vaccinate my little four year old boy, every time and everywhere I go, the pro vaxxers accused me of putting their child in harm's way because of herd immunity.
What? How can I respond to this? In the best way?

Forrest 0:40
The best way, meaning they're still your friend at the end,

Unknown 0:45
cares, they want to be intelligent enough to not you know, they're not medical, they want to be able to answer back in a short way that sorts around.

suznne 0:58
Wow, you know, everybody, everybody's always asking for the cliffnotes.
And the short way to answer things.
And you know, one of the problems with the pro vaccine is that they have sound bites, and the two sound bites that from the very beginning, I have been working to answer our What about polio, and we have to preserve herd immunity.
And those are their two weapons.
So when it comes to herd immunity, you know, when they say that, that is making a very complicated thing into something way too simple.
And so the first answer has to be that is a total oversimplification, you know, and it's religion on the back of ignorance.
And you need to go do some research and understand that your child is vaccinated and perhaps even formula fed is actually a risk to my child. Because there are lots of things that you can do with your kid like feeding them properly, giving them breast milk, and letting them sleep well, that's going to make them shed influenza viruses.
Last, if you're giving your child a fever reducer, you've actually you're spreading disease more than my child
because I would never give a fever reducer to my child so your your fever reduced Tylenol child is actually spreading flu far more than my child will my unvaccinated child is actually going to have cell mediated immunity that's going to be able to fight the disease efficiently and quickly where your child is going to not only get sicker, from flu, but from other diseases,
and also next year be more susceptible to pandemic influenza.
So you need to do your research and understand really what the what the sound bites of the CDC and your doctor have have behind them.
And what the knowledge and the research that I've done to not vaccinate my child has behind it before you start being so judgmental.
Because the fact is that some and Forrest has covered this in one of his videos, but just look at the toxoid vaccines, the pertussis vaccine and the diphtheria vaccine, tetanus vaccine, those are toxoid vaccines, they don't do anything for herd immunity whatsoever.
Those those viruses and bacteria will still be circulating no matter how many vaccines people get there was it was not even in the blueprint of the design to take care of herd immunity.
So the herd immunity thing is a weapon.
And it's really a stupid weapon.
You know, there's some truth to it, there's always some truth to what the pro vaccine say. But there's a larger truth that makes that small truth.
Actually, it makes it unimportant in some ways.

Unknown 3:22
But also on that Suzanne, just gonna sort of pop in here.
vaccinations promote a humoral response, herd immunity can only really be across the population through an innate immune response.
So because that gives you much longer immunity from the dis the disease that you supposedly are getting through inoculation, which cause antibody responses only for like two to 10 years.
So let's say you have humoral response as a result of vaccinations, and there's no guarantee that you're going to get an antibody response. That's why they pump these things full of aluminium.
So let's say that you don't get an antibody response, but you think that you're protected. So a vaccinated individual, the only way you're going to find out whether that child has got an aunt had an antibody response is to do a titer.
So the parent could be jabbing their kids thinking, yeah, my kid is now immune, yet they pick up the disease or the illness as a result of a lack of antibodies being produced from the vaccine.
So this whole herd immunity and this efficacy of vaccination is backwards from the get go.

Unknown 4:41
Well, yes, and no.
Again, it's another oversimplification that the anti vaccine has done is to say that, oh, vaccines only make antibody.
Yes, there's there's partial truth to that.
But if you look at the MMR vaccine, that's a live viral vaccine. So if you if you inject a live viral vaccine, you're going too, it's more similar to the actual infection than it is when you inject a toxoid or a particle from the microbe which is, and when you tack aluminum or aluminium onto it, then you are going to provide more of a th two bias.
But if you give a measles vaccine, you're going to give that child a th one bias.
And if anyone watches the the talks that I did in Scandinavia last year, I get really into this about which vaccines are more th one bias, which vaccines are th two bias how the immune system changes after one set, and you can change it back with another set.
But the bottom line is that nothing is as good as far as duration and, and reproducibility is having an actual measles infection.
But you can get a measles injection and it can last you 20 or 30 years. But they're two to 10% of people that never respond at all.
And that's what you're talking about.
You're saying you you're you're happy because your child is vaccinated.
And if I vaccinate My child, you'd be all content.
But the fact of the matter is that my child has a two to 10% chance of not responding at all to that vaccine.
And the other truth in what you're saying is that when it comes to say influenza vaccines, and this is why I need to record my herd immunity talk is because influenza vaccines give a humoral response exclusively a humoral response, which actually see this it's not like th two is bad.
It's not like th one is good. You know, God made us have both of them for a reason they both have they work with each other and they both have purposes and the th two humoral responses is lasting that happens during infection, it feeds back and says to the cell mediated to CDA cells, okay, we're good.
Now if we've got our memory, we can shut down.
And now we'll remember this when it comes to flu shots, that feedback actually interferes with any chance of that child or that adult actually having memory immunity for the next year, which means that they're more susceptible to pandemic, which means that they're screwing up, you know, the the herd protection in a big way.
So, absolutely.

Forrest 6:53
So, can I say something about the herd immunity?
Are we still on that?
Are we gonna do another?
Oh, no, it's fine. I think, as always, my answer is going to be much lower level than then this genius over here.
Anyway, that question always comes from the assumption like she was indicating that every vaccine works the same way.
And it always comes with the assumption that every vaccine works.
That if you can get people over that hump, you're halfway there to say, half the vaccines do not contribute to the theory of herd immunity by design, they just don't do it.
The ones that do you never know if they work or not, you can do a titer.
And even that is not a true indicator of whether it's actually going to protect you if you get an infection or not. Jab me if I'm wrong.
Okay, she jabbed me. It's not always an indication, is it?

Unknown 7:46
What an example of that? No, no, because

suznne 7:48
even the natural infection, they say, well, you might not have titers for measles.
But if we rechallenge you, you're gonna have memories.
Yes, titers are not everything. And that's a marker for something that happened,
but they're not necessary.

Forrest 8:00
So let me just twist the question here,
because I've actually been talking to somebody in California about this.
You know, we have this law in California where you know,
you have if you want your kids to come to school,
they have to be vaccinated with these with these shots.
As far as I can tell, I've been doing some research into this.
There is no law that if your kid has an active measles infection, there is no law preventing you from sending your kid to school.
Okay, I don't know.
Maybe I'm wrong. Have you heard about this?
Have you heard of a law?
I haven't heard of a law?
We've I've looked into it.
I haven't found it yet.
So why is there not a law that says if your kid has measles,
you can't send them to school?
Wouldn't that be, you know, more of a barrier to spreading disease,

Unknown 8:43
but times are changing?
Because I mean, now now, the measles has changed from when I was a little girl where we used to go to parties and catch it and now it's gone to it's deadly, deadly dangerous.
And so it becomes, according to the CDC, a matter of public health and times are changing.
So now they are saying that with this new CDC thing is that if your little Tommy goes in with measles is a public health issue.
So school gets clamped down and comes to CDC, military and everyone gets vaccinated as a precaution. That is what is about to happen.
If not, oh, yeah.

Forrest 9:16
Oh, yeah, I think so.
I guess my point was that so much of herd immunity could happen with a lot of other things like isolation, quarantine, nutrition, all of these things that that seemed to have stopped the spread of disease in the past.
Those were very effective tools at protecting the herd.
I just think vaccination is an attempt to protect the herd is is a really like a last ditch effort to save the original concept of vaccination.
I did a bunch of research into this herd immunity video I just did. And my take on herd immunity was it it was theorized from measles outbreaks in Baltimore in the 1930s.
And the reason they even brought it up, and this is just my opinion, this is not an incredible thing.
And this is my opinion.
I haven't run it by her Roman or anyone.
My opinion was, people were down on the polio vaccine when this article came out in the polio vaccine wasn't working as well as they thought this is when that the guys article came out the Chicago Tribune that everybody quotes all the time,
people were down on the polio vaccine,
and they were coming out with a measles vaccine,
and they were trying to convince people, no, we can vaccinate measles,
and it doesn't take everyone it's only it's not going to take this massive polio effort nationwide,
we're not going to have to do that.
All we have to do is vaccinate maybe 20%, maybe 30%.
And we can eradicate measles.
That's, that's my shot with one shot.
That was my my take on herd immunity was basically a response to everyone was so glad polio seemed to be on the wane. But they don't want to do another nationwide rollout of a whole vaccine.
They're not going to do that because people didn't want to do it.
They were thinking maybe the polio vaccine wasn't working.
So that was the initial herd immunity concept was we can eradicate measles, if we only vaccinate just a few because when only a fewer if 55% or whatever the initial percentage was were vaccinated,
then the disease goes away.
It didn't work, obviously. So herd immunity has been hijacked into something else because the initial reason for it didn't work.
Now, obviously, I'm of the opinion, it's not working. Now with 95% vaccination, you still see outbreaks we've had, we've had enough vaccination for long enough that it should have worked.
I can't understand how health officials cannot consider it an abject failure.
You know, at what point do you say it is a failure?
I would love to draw a line in the sand and say, okay, I'd 99% for 10 years,
if we are still having measles outbreaks, will then will you consider a failure, then?
I don't know what their answer would be.
But somehow there's got to be some metric around Yes, it worked, or No, it doesn't.
I mean, the reality is, No, it won't, they'll just say more boosters, they'll say people are under immunized, or we need a new vaccine, which is I guess that is

suznne 12:15
what they're saying now, you know, they basically keep settling for less and less.
So in the beginning, they thought we're gonna get rid of this once and for all, we're never gonna have to deal with it again.
And then they said, Okay, we're gonna have to deal with it.
But the more injections we give, the better we're gonna we're gonna do with this, so we're not going to get rid of it.
So now, what we're going to do what herd immunity means now is that you know, your kid who has cancer or grandma, who you know, who's frail and infirm, or your newborn baby, we all have to take our vaccines and subject are healthy kids, these vaccines loaded to protect these little, you know that I think they make them the red sheep inside of the herd immunity diagrams now.
So now it's no longer about eradication, they've, they've pretty much ditched eradication, because even Gregory Pollan says, it is not possible to eradicate measles with this vaccine.
So they're developing inhaled vaccines that they're hoping to give to even newborn babies at some point in the future.
So now we're settling for we have to protect the sick people who most most of whom, except for the very newborn babies, we have made sick and vulnerable because of the medical system.
But I'll also make an argument that the newborn babies are susceptible because those mothers didn't have a natural, natural immunity to measles, which used to provide between one and a half to two years of immunity.
And now if you're lucky, it's three months.
So they do just keep shifting, shifting the sands and making excuses to keep jabbing and jabbing more and more and more all the time, which is really the reason that we're all so upset, because, you know, it's one thing to say one vaccine to a group of people, my parents said, Okay, that sounds that sounds agreeable.
We'll give her the vaccine at age five. And now we're told that we have to start between six months to one year depending on who you are, and that we have to go from cradle to grave pretty much and that's just completely unacceptable.

Forrest 13:54
The new measles vaccine, they're talking about developing it. Is that Sorry, I'm asking is that because are they admitting the efficacy of the current one is not good, or it doesn't last long enough?
Or they just is it sort of admitting that it's a failure?

suznne 14:08
I mean, again, this is why I need to record my herd immunity talk because over in China, not only are the Chinese Chinese have a 99% vaccination uptake rate, okay, they don't exemptions are not a phenomenon there.
And so what's happening there is not only are they having outbreaks having, you know, 100,000 cases per year in China, but something even worse is happening which is called vaccine viral vaccine escape, which means that how the blood is conditioned to fight the virus isn't good enough and because of that, it's like taking an antibiotic you know, how a microbe how how bacteria can shift its genetics to outsmart your your immunity to an antibiotic Well, the the viruses now there, I believe it's called like the H one strain or something like that is actually out outsmarts the blood immunity, and it took a long time for this to happen, but it's happening in First, because there's just so much more dynamic, so many more people, so many so much more circulation. So we are starting to see the beginnings of that.
And so there's that problem.
But there's also the problem that's now admitted that within 20 to 30 years, if you've had a good vaccine uptake, your vaccine is no longer effective.
So even if we all took it, there would be between, like I said, two to 10% of people who will not respond.
They're called primary non responders.
And then you have your secondary vaccine failures.
And so between all of that, it's just so Gregory Poland's, who's one of the chief facts and ologists. spokesperson, he's the he's the editor in chief of vac of vaccine journal is saying that this, it's impossible to eradicate the microbe with this vaccine, no matter how many uptake no matter what the uptake rate is.
And so really, the problem is that you're injecting you're giving injected immunity for a microbe that naturally comes in through the respiratory system.
And so that's really the problem and they're starting to recognize that which is why they tried making the inhaled influenza vaccine and we we all know how well that went.
And so now there's research into making inhaled pertussis vaccines and inhaled measles vaccines

Forrest 16:11
The last thing about herd immunity I'll say is it's what you indicated Polly that the the fear of some of these diseases is so unjustified I mean, you know, you read these articles of you've linked to a quote Okay, it was an older article where mothers would say after a measles infection my child seems so vigorous and their health seems to have improved and and there's there's so much dynamic going on to this infection.
The timing of this I know Dr. Wakefield has talked about this stuff where all herd immunity is done is and vaccination has done as adjust the window of infection into these inopportune moments when everything seemed to basically had you know settled at a good timing you know, mumps is is okay at this point in your life, but in this point your life it's really bad.
So I think the misunderstanding of disease itself, forget the vaccines, people just don't understand the disease anymore, that you know, they've got this insane fear of measles.
And I know everyone here has talked about it. I did an episode five about it on the Brady Bunch.
Yeah, you can see people didn't, they didn't fear it. It was nothing.
I mean, there's another there's a Flintstones episode about I mean, it was a joke. It was it was a complete joke.

Unknown 17:29
Still ebooks. And when I was younger was

Unknown 17:32
like coloring, the rashes on

Unknown 17:33
the elephant and everyone just chilled out and had a bit of measles and stayed quiet for a few days.
Let's get this thought. Let's move on to fear.

suznne 17:41
I was just gonna say something.
And it has to do with fear and the evolution of fear.
The shifting sands of fear also happen when it comes to measles. Because, you know, it used to be that we just wanted to get rid of measles because it was inconvenient.
And then we heard you know that we wanted to get rid of measles because kids could get encephalitis from it.
And now, the newest thing is, well, yeah, you know, your kid might do fine after having measles, but your neighbor's kid could get encephalitis subacute sclerosing pan encephalitis called SSP.
And that's the reason why we all have to vaccinate for and I'll get come back to that in a minute. But then now there's a new thing that came on.
It's it's actually a complete lie. And it's there was an article published. And it was, it was a collaboration between the United States Department of Homeland Security and the Bill and Melinda Gates Foundation, which should scare everybody to the bones to know that there's a collaboration between those two.
And so what this what this article talked about was that, while your child might do might do okay with the measles after they're infected, in the next 18 months, your child is more susceptible to dying from non measles infections,
because their immune system to other than to the memory of everything that they've been vaccinated for urban infected before has a chance of being completely wiped out. It's an immunological lie.
And I've been through this in a in a talk called I forget in Copenhagen.
No, I'll think of it in a minute.
And manufactured consent.
And so so they keep you know, jumping from one potential fear factor to another.
So this is just the latest one, but the interesting when it comes to SSP, and I think you should have Dr. Wakefield talk about this when he's back is that there's actually no record keeping for the amount of SSP before the measles vaccine was invented until there was a lot of sspe that happened in the period where the measles vaccines began.
Of course, those vaccines were horrific, horrendous for lots of reasons I don't have time to get into and the virus was circulating.
So people were getting inundated with injected viruses and natural viruses at the same time.
And so SSP was a problem, but they're using SSP. subacute sclerosing pan encephalitis is a devastating 100% deadly disease. If your child gets it, your child's going to die very quickly, usually within a couple of years, maybe three to five years.
Although If you've gotten that after a vaccine, the child dies much quicker, which is kind of an interesting thing.
But they always say, Well, yeah, that child was vaccinated after they had the natural infection.
So the natural infection did it.
But actually, the vaccine sends them to the grave much quicker.
And so it's basically it's a brain disorder, where the brain just shuts down. The kids just degenerate, it's a horrible thing.
You wouldn't want it to happen to anybody.
But in my opinion, it's due to the immune system not processing the virus properly. And so again, wouldn't it be great if the CDC was as advanced and aggressive on nutrition from cradle to grave, and then with pregnant women, and actually understood nutrition at all,
because that would make a big difference in sspe, because the immune systems will be handling and processing that virus much better as they are, when it comes to vaccinating anything with a heartbeat.

Forrest 20:51
I could see the this.
I'm gonna call it the immunological reboot.
It's the thing you did with the the studies in Africa where they were right that that whole thing with the the measles, erasing any immunological memory that you had, I could see that totally becoming the next herd immunity,
it'll come a sound bite now it's become one and it won't be just measles,
it'll blow into this thing where they'll do some research.
And they'll figure out that, well, if you get any of these diseases,
if you get mumps, then your immune system is starting from scratch,
you're basically a neonate and you need to start from scratch and get the entire vaccine schedule started over again, you're basically zero, I could just see them, turning it into something like that.
I used to would have raised my eyebrow and say,
No, they won't ever do that.
But I think the way they've twisted herd immunity, I mean, even me, that's all I ever grew up was hearing it as a protect the weak

Unknown 21:43
hands, you know, in a certain way.
And you know, like I said, there's a partial truth to

Forrest 21:47
the whole Oh, yeah, that's I didn't talk about that.
But yes, people always get confused.
If you talk to someone a very pro vaccine person.
And you you question herd immunity, they immediately tweak their head?
And because it makes sense it if then this is what am I missing medical school lecture video, if the vaccine worked, and if it worked forever?
If it worked for everyone, I'll say. And if it worked forever, then herd immunity works similarly to net natural herd immunity.
But when the vaccine doesn't work for everyone, and it doesn't last for very long, then the herd immunity concept falls apart.
So herd immunity as a theory is perfectly valid. I think what the the health officials saw in Baltimore was totally true.
I think they they did all the studies, they saw the the spread and how it ended based on a certain thing totally happens. totally true.
Nothing.
I have no problem with that.
When it's a vaccine driven herd immunity, that's when it doesn't work.
That's people always get hung up.
When you say herd immunity.
It's not working.
It's like you it's like you saying two plus two is not four.
They're like, wait a minute, no, I get it. It makes sense.

suznne 22:55
Should we review what we're herd immunity came from?
Just give me three minutes to kind of review that because it's actually really interesting and important.
But this guy named Dr. Hedrick in Baltimore, in the 1930s, was basically tracking the dynamics of measles.
And what he found was that by the age of 15, to 20, that between 95 and 99% of the population has experienced measles and had lifelong immunity.
And that in the childhood population below the age of 15, that whenever the susceptibility rate went up to 50%, that there would be an outbreak. And that 15% of the children would become infected with measles.
So it wasn't like you imagined and like we're being told that whole classrooms were home with measles, it was 15% of the childhood population.
So then the susceptibility rate would go down to 35%.
And then the outbreaks would stop so basically fluctuated between this 35 and 50% mark and so the children were kind of slowly you know, getting measles recovering from it and becoming part of the immune herd.
So that's really herd immunity was being well established, the mothers were being and adults are being re exposed again to the to the virus, they are getting natural boosters.
And so those mothers had really strong blood immunity that they could pass through the placenta, which actually protected those babies better than even an early vaccine today could.
So that's really where the herd immunity kind of concept was born in that way and actually tracked and so yeah, it was pretty much hijacked into if we vaccinate enough people, we'll be able to protect whoever we want to justify protecting


不明 0:07
そうなんですね。
これは誰かからの質問なので、私がその質問をしている人だと想像してください。
ワクチンを接種していない子を連れて出かけるたびに、私の決断はドナルダの研究を見ています。ワクチンを打つつもりはないと 決めました 4歳の小さな男の子に行くたびに ワクチンを打つ人たちは 群集免疫のせいで 子供を危険な目に遭わせていると 私を非難しました
どう対応すればいい?最良の方法で?

フォレスト 0: 40
最良の方法とは、彼らは最後まであなたの友人であるという意味です。

不明 0:45
気にする、彼らはあなたが知らないように十分に知的であることを望んでいる、彼らは医療ではない、彼らは周りをソートする短い方法で答えを返すことができるようにしたいと思います。

スザンヌ 0:58
うわー、みんな、みんな、いつもクリフノート(授業の要点だけをまとめたノート)を求めているんだね。
そして、物事に答えるための短い方法。
そして、プロワクチンの問題点の一つは、彼らがサウンドバイトを持っていることです、そして、2つのサウンドバイトは、最初から、私たちのポリオはどうなのか、群れの免疫を維持しなければならない、という答えを出すために活動してきました。
そして、それが彼らの2つの武器です。
群集免疫というと、非常に複雑なものをあまりにも単純なものにしてしまいます。
最初の答えは、完全に単純化しすぎで、無知の上に成り立っている宗教だということです。
そして、あなたはいくつかの研究をして、あなたの子供が予防接種を受けていることを理解する必要がありますし、おそらく粉ミルクを与えても、実際には私の子供にはリスクがあります。子供にできることはたくさんあるんだから。適切な食事を与え、母乳を与え、よく眠らせることで、インフルエンザウイルスを排出させることができるんだ。
最後に、もしあなたが子供に熱を下げる薬を飲ませているのであれば、実は私の子供よりも病気を広げていることになります。
私は決して子供に熱を下げる薬を与えないので、あなたの熱を下げたタイレノールの子供は実際に私の子供よりもはるかに多くのインフルエンザを蔓延させています 私のワクチンを接種していない子供は実際に細胞を媒介とした免疫を持っています それは効率的かつ迅速に病気と戦うことができるようになるでしょう それはあなたの子供がインフルエンザだけでなく、他の病気から病気になるだけではありません。
来年はパンデミックインフルエンザに感染しやすくなります。
CDCや主治医が言っていることの裏には何があるのか、自分の研究をして理解する必要があります。
私が子供にワクチンを接種しないことにした知識や研究の裏には何があるのかを理解する必要があります。
事実、フォレストは彼のビデオでこのことを取り上げていますが、トキソイドワクチン、百日咳ワクチン、ジフテリアワクチン、破傷風ワクチンを見てください。
これらのウイルスやバクテリアは、どれだけワクチンを接種しても循環してしまうのですが、群れの免疫をケアすることは設計図にもありませんでした。
群集免疫は武器なのです。
本当に愚かな武器です。
ワクチン賛成派の言うことには、常に真実があります。しかし、より大きな真実があり、それが小さな真実を作っている。
実際には、それはある意味で重要ではないものになってしまうのです。

未知 3:22
スザンヌ、ここに飛び込んできたのは
予防接種は体液性反応を促進しますが、集団免疫は自然免疫反応によってのみ集団全体に適用されます。
接種によって得られると思われる病気からの免疫力は、2年から10年の間だけ抗体反応を起こします。
ワクチン接種の結果、体液性反応が出たとしますが、抗体反応が出る保証はありません。だからアルミニウムを注入しているのです。
例えば、抗体反応が出なかったとしても、自分は守られていると思っているとしましょう。ワクチン接種を受けた子供が 抗体反応を持っているかどうかを 知る唯一の方法は 力価測定をすることです
親が子供に注射をして、「うちの子は免疫がついた」と思っていても、ワクチンで作られた抗体が不足しているために、病気や病気にかかってしまうことがあります。
つまり、この集団免疫やワクチンの効果は、最初から逆効果なのです。

未知 4:41
まあ、イエスでもあり、ノーでもある。
ワクチンは抗体を作るだけだ、と言うのは、反ワクチン派が行ってきたもう一つの言い過ぎです。
はい、それには部分的な真実があります。
しかし、MMRワクチンは生きたウイルスワクチンです。生きたウイルスワクチンを注射した場合は、トキソイドや微生物からの粒子を注射した場合よりも、実際の感染に近いものになります。
しかし、はしかのワクチンを打った場合、その子供には1番目のバイアスを与えることになります。
去年スカンジナビアで私が行った講演をご覧になった方は、どのワクチンが1バイアス以上で、どのワクチンが2バイアス以上で、1回の接種で免疫システムがどのように変化し、別のワクチンでそれを元に戻すことができるのか、ということについての話をしています。
しかし、肝心なことは、持続時間と再現性の点では何も良いものはないということです実際に麻疹に感染したことがあるということです。
しかし、はしかの注射を受ければ、20年も30年も持つことができます。しかし、2~10%の人は全く反応しません。
それがあなたの言っていることです
あなたは子供が予防接種を受けたから 幸せだと言っているのですね
私が子供にワクチンを接種すれば満足するだろう
でも実際のところ、私の子供は2~10%の確率でワクチンに反応しないんだ
あなたが言っていることのもう一つの真実は、インフルエンザワクチンの話になると、これは私が集団免疫の話を記録する必要がある理由です。
片方が良いというわけでもない。神は理由があって両方の体液性反応を 持つようにしたのです 互いに協力し合って目的を持っていて 感染時に起こる2つの体液性反応は 持続しています
記憶があれば、シャットダウンできる。
インフルエンザの予防接種を受けた時に 覚えておきましょう このフィードバックは 子供や大人が翌年の記憶免疫を 持っている可能性を 妨げることになります つまり、パンデミックにかかりやすくなり 群集の保護を大きく台無しにしてしまうのです
だから絶対に

フォレスト 6:53
集団免疫について一言いいですか?
まだやっているのか?
別のをやるのか?
あ、いや、大丈夫です。いつものことですが、私の答えは、ここにいるこの天才よりもずっとレベルの低いものになると思います。
とにかく、その質問はいつも仮定の話で、彼女は全てのワクチンが同じように効くと言っていた。
全てのワクチンが効くと仮定しての質問です
もし、あなたが、そのような考えを覆すことができれば、半分のワクチンは集団免疫の理論に貢献していないと言うことができるでしょう。
ワクチンが効くか効かないかは、力価を調べればわかります。
それさえも、感染症にかかった時に実際に身を守れるかどうかの真の指標にはならない。間違ってたら教えて
彼女は私を刺した 必ずしも指標になるとは限らないんだよね。

不明 7:46
どんな例があるの?いえいえ、なぜならば

スザンヌ 7:48
自然感染でも、まあ、麻疹の力価はないかもしれないと言われています。
でも、再チャレンジしたら思い出が残るよね。
そう、力価が全てではないのです。何かあった時の目印にもなるしね。
が、それらは必要ありません。

フォレスト 8: 00
だからここで質問を捻じ曲げてみましょう
実は、カリフォルニアのある人と話していたんです
カリフォルニアにはこの法律があります
子供を学校に来させたいと思っているなら持っているはずです。
彼らはこれらの注射で 予防接種を受けなければなりません
これについて調べた限りでは
子供が麻疹に感染していても学校に行かせてはいけないという法律はありません。
そうですか、私は知りません。
間違ってるかも 聞いたことある?
法律を聞いたことは?
法律を聞いたことがない?
調べたんだけど
まだ見つかってない
どうして子供が麻疹にかかっても法律がないの?
学校に行かせられないの?
それは病気を蔓延させる障壁になるのでは?

不明 8:43
でも時代は変わったの?
私が子供の頃はパーティーに行ってはしかを捕まえていましたが 今では、はしかは命に関わる危険なものになっています
CDCによると、公衆衛生上の問題となり、時代は変化しています。
CDCの新しい見解では、もしトミーが麻疹にかかった場合、公衆衛生上の問題だと言っています
学校は、CDCや軍人、誰もが予防接種を受けるようになりました。それが起きようとしていることだ
そうでない場合は、ああ、そうですね。

フォレスト 9:16
ああ、そうですね。
私が言いたかったのは、集団免疫の多くは、隔離、検疫、栄養、過去に病気の広がりを止めてきたように思われるこれらのことのすべてが、他の多くのことで起こりうるということです。
これらは牛群を守るための非常に効果的な手段でした。
私が思うに、予防接種は群れを守るための試みであり、予防接種の本来のコンセプトを守るための最後の努力なのです。
先ほどの集団免疫についてのビデオを見て、たくさんのことを調べました。集団免疫についての私の見解は、1930年代のボルチモアでのはしかの発生から理論化されたものです。
彼らがそれを持ち出した理由は これは私の意見ですが これは信じられないことではありません
これは私の意見です
ローマンにも誰にも聞いてない
私の意見は、この記事が出た時、人々はポリオワクチンを否定していました。
この記事が出た時、ポリオワクチンは効いていないと思っていましたが、
シカゴトリビューンの記事が出た時には、みんながいつも引用しています。
人々はポリオワクチンに失望していました。
と、はしかのワクチンが出てきていました。
人々を説得しようとしていました、いや、はしかのワクチンを打つことができます。
そして、それはすべての人を取るのではなく......この大規模なポリオの取り組みを全国的に取ることができないだけなのです。
その必要はありません
私たちがしなければならないのは ワクチンを接種することです たぶん20%か30%です
そうすれば麻疹を根絶できる
それが、私の一発勝負です
これは私が考えた集団免疫の考え方です。基本的には、みんながポリオの流行が衰退していることを喜んでいたことへの反応です。でも全国的にワクチンを 普及させたくないんだ
人々が望んでいなかったからです。
ポリオワクチンが効いていないのではないかと考えたのです。
これが最初の集団免疫の概念でした。少数のワクチンを接種すれば麻疹を根絶できる、というのが最初の考え方でした。
そうすれば病気は治る
明らかにうまくいかなかった 群集免疫は別のものに 乗っ取られてしまったのです 最初の理由がうまくいかなかったからです
私の意見では効果はないと思います 95%のワクチン接種では、まだ集団発生が見られます。十分なワクチン接種をしてきたので、効果があったはずです。
保健当局はこれを失敗と考えることができません。
どの時点で失敗と言えるの?
砂の中に線を引いて、10年間は99%と言ってみたいものだ。
私たちはまだ麻疹の発生を持っている場合は、その後、あなたは失敗を考慮しますか?
彼らの答えはわからないわ
でもどうにかして「はい」「うまくいった」「いいえ」「そうではない」という判断基準があるはずです
つまり、現実には、いや、そうはならないでしょう。追加接種を増やせとか、予防接種が足りないとか、新しいワクチンが必要だとか言うでしょう。

スザンヌ12:15
彼らが今言っていることは、基本的には、どんどん少なくなっていくことに落ち着き続けています
最初の頃は、これをきっぱりと片付けようと思っていました もう二度とこの件には対処しなくてもいいと思っていました
そして、彼らは言ったんです オーケー、対処しなければならないと
でも注射をすればするほど良くなっていくので、これを取り除くことはできません。
集団免疫とは何かというと、子供が癌になったり、おばあちゃんが虚弱体質だったり、生まれたばかりの赤ちゃんにワクチンを接種することです。
グレゴリー・ポランでさえ、このワクチンでは麻疹を根絶することは不可能だと言っています。
彼らは吸入ワクチンを開発しています 将来的には新生児にも投与することを 望んでいます
今、私たちは病気の人たちを守らなければならないということに落ち着きました 生まれたばかりの赤ちゃんを除いて、ほとんどの人たちが 医療システムのせいで病気になり、脆弱になっているのです
しかし、私はまた、新生児は影響を受けやすいという 議論もします 母親が麻疹に対する自然な免疫を 持っていなかったからです
今は運が良ければ3ヶ月です
だから、彼らは砂をずらして、砂をずらして、言い訳をして、接種し続けて、どんどん接種し続けているのです。
5歳の時にワクチンを打とう 今では、6ヶ月から1年の間に接種しなければならないと言われていますが、人によっては、ゆりかごから墓場までの間に接種しなければなりません。

フォレスト 13:54
新しい麻疹ワクチンを 開発しようとしています それは、現在のワクチンの有効性を認めているからなのでしょうか、それとも効果が十分に持続しないからなのでしょうか?
それとも、彼らはそれが失敗であることを認めているようなものなのでしょうか?

suznne 14:08
中国では、中国人のワクチン接種率が99%であるだけでなく、免除はありません。
そこで何が起きているのかというと、アウトブレイクが起きているだけでなく、中国では年間10万人が感染していますが、さらに悪いことが起きています。どのように微生物がどのように細菌がどのようにその遺伝学をシフトすることができます 抗生物質に対するあなたの免疫力を打ち負かすために さて、今そこにあるウイルスは、私はそれがH1株か何かのように呼ばれていると信じています 実際には血液免疫力を打ち負かしています これが起こるまでに長い時間がかかりましたが、それは第一に起こっています なぜなら、より多くのダイナミックな、より多くの人々が、より多くの循環があるからです だから私たちはその始まりを見始めています。
そして、それは問題です。
しかし、今では認められている問題もあります。20年から30年以内に、もしワクチンをうまく接種していたとしても、ワクチンはもう効果がありません。
仮に全員が接種したとしても、私が言ったように、2~10%の人がワクチンに反応しないのです。
これは一次不反応者と呼ばれています
二次ワクチンの失敗もあります
グレゴリー・ポーランドは、ワクチンジャーナルのVACの編集長であり、スポークスマンでもあります。
本当に問題なのは、自然に呼吸器系から入ってくる微生物に注射をして免疫を与えていることです。
これが本当に問題で、それを認識し始めています。それが吸入型インフルエンザワクチンの開発を試みた理由です。
現在、吸入百日咳ワクチンや吸入麻疹ワクチンの研究が行われています。

フォレスト 16:11
最後に集団免疫についてですが、ポリーさんがおっしゃっていたように、これらの病気のいくつかの恐れはとても正当化されていないということです。
おたふく風邪は今の時点では大丈夫だと思いますが、今の時点では本当に最悪です。
病気そのものに対する誤解です ワクチンのことは忘れてください 人々はもう病気を理解していません 麻疹に対する非常識な恐怖心を 持っているのです
ここにいるみんながそのことについて 話しているのは知っています 私はブレイディ・バンチの第5話でそれについて話しました
ああ、みんなが怖がっていなかったのがわかるだろう 何でもなかった
他にもフリントストーンズのエピソードがあったけど...ジョークだったわ。完全にジョークだった

不明 17:29
まだ電子書籍。で、若い頃は

不明 17:32
カラーリングのように、発疹が

不明 17:33
ゾウとみんなが冷やかして、はしかにかかって数日おとなしくしていた。
この思考を得よう。恐怖に移ろう。

スザンヌ 17:41
ちょっと言いたいことがあったんだけど
それは恐怖と恐怖の進化にも関係していて
恐怖の砂場の移り変わりは、麻疹の時にも起こります。なぜなら、かつては不便だから麻疹をなくしたいと思っていたからです
それから私たちは知っていると思いますが はしかをなくしたいと思っていました なぜなら子供たちがはしかで脳炎になるからです
そして今、最新のものは、まあ、そうです、あなたの子供は麻疹にかかっても大丈夫かもしれませんが、お隣の子供はSSPと呼ばれる亜急性硬化性汎発性脳炎にかかる可能性があります。
それがワクチンを接種しなければ ならない理由です すぐにその話に戻ります でも今、新しいものが出てきました
それは完全な嘘です 論文が発表されました それは、米国国土安全保障省とビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団の 共同研究です この2つの間に共同研究があることを知って 皆を怖がらせるべきです
この記事が話していたことは、あなたの子供は麻疹に感染した後は大丈夫かもしれませんが、次の18ヶ月間は、あなたの子供は麻疹以外の感染症で死ぬ可能性が高いということです
なぜなら彼らの免疫システムは都市感染の前に ワクチン接種を受けた全ての記憶以外には 完全に全滅する可能性があるからです 免疫学的には嘘です
そして、私はコペンハーゲンで忘れているという話の中でこれを経験しています。
いや、ちょっと考えてみます。
捏造された同意
恐怖の要因を次から次へと飛び越えていく
これは最近の話ですが、SSPに関しては興味深いことがあります。ウェイクフィールド博士が戻ってきたら、この話をしてもらうべきだと思いますが、麻疹ワクチンが発明される前のSSPの量については記録がありません。
もちろん、これらのワクチンは恐ろしいものでしたが、私には時間がありませんし、ウイルスが流通していました。
人々は注射されたウイルスと自然のウイルスを同時に浴びました
それでSSPが問題になりましたが、SSPを使っています。亜急性硬化性汎脳炎は、壊滅的な100%死に至る病気です。もし子供がかかると、子供はすぐに死にます。通常、2〜3年以内に、たぶん3〜5年です。
ワクチンの後に感染した場合は 子供はもっと早く死ぬ 興味深いことですが
でも、いつも言われるのは、そうですね、その子は自然感染した後にワクチンを接種したんですね。
自然感染で死んだんだな
でも実際には、ワクチンは子供を早く墓場に送るんだ
脳の障害で、脳がシャットダウンするんだ 子供は退化していく恐ろしいことだ
誰にも起きて欲しくないことですが
しかし、私の意見では、免疫システムが ウィルスを適切に処理していないのが原因です。CDCが先進的で 積極的な栄養管理をしてくれたら 素晴らしいと思いませんか? ゆりかごから墓場まで 妊婦さんの栄養管理にも
それはspeの大きな違いを作るだろうからです 免疫システムが処理して処理するからです そのウイルスをより良く処理するためには 心臓の鼓動で何でもワクチンを接種することになるからです

フォレスト 20:51
私はこれを見ることができました。
免疫学的リブートと呼ぶことにします
アフリカでの研究であなたがしたことですが、はしかの研究では、免疫学的な記憶を消し去り、次の集団免疫になると思います。
今は音を立てて噛みついてきて、それが一つになって、ただのはしかではなくなってきています。
それが、このような事に発展して、 研究が行われるようになるでしょう
そして、彼らはそれを解明するでしょう、もし、あなたがこれらの病気になったら、
おたふくかぜになったら免疫システムがゼロから始まっている
あなたは基本的に新生児で、ゼロからやり直してワクチンのスケジュールを全部やり直す必要があります、あなたは基本的にゼロです、私は彼らがそういうことに変えていくのを見ることができました。
私は眉をひそめて言ったわ
いや、彼らはそんなことはしないだろう。
集団免疫を捻じ曲げてきた私でさえも弱者を守ると聞いて育ってきた

名無しさん 21:43
手は、ある意味ではね。
には部分的な真実があるんだよね

フォレスト 21:47
その話はしていませんでした
でも、そうですね、人々はいつも混乱しています。
ワクチン賛成派の人に話しかけると
集団免疫を疑問視すると、すぐに首をかしげるんですか?
ワクチンが効いて永遠に効いていたら?
誰にでも効いたなら、と言うだろう。
そして、それが永遠に効いたならば、集団免疫は正味の自然集団免疫と似たような働きをします。
しかし、ワクチンが万人に効かず、長く続かない場合、群集免疫の概念は崩壊します。
だから、理論としての群集免疫は完全に有効なのです。
ボルチモアで保健当局が見たことは完全に真実だったと思います。
彼らはすべての研究をして 拡散を見たと思う あることに基づいて それがどのように終わったのか 完全に真実だ
何でもない
何の問題もない
ワクチンによる集団免疫の場合は、それが機能しない時です。
それは人々がいつも悩んでいることです。
群集免疫と言っても
効いていない。
2+2は4ではなく、2+2と言っているようなものだ。
彼らは、ちょっと待って、いや、わかったよ。筋が通っている。

スザンヌ 22:55
集団免疫が何から来ているのか見直すべき?
3分だけでいいから復習させてよ だって本当に興味深くて重要なことだからね
1930年代にボルチモアの ヘドリック博士という人が 麻疹の動態を追跡していました
彼が発見したのは 15歳から20歳までに 人口の95%から99%の人が 麻疹を経験し 生涯免疫を持っているということでした
そして、15歳以下の幼児期の人口では、感受性率が50%になると必ず大流行が起こることを発見しました。15%の子供たちが 麻疹に感染することになります
つまり、あなたが想像していたような、私たちが言われているような、教室全体が麻疹に感染しているというようなものではなく、子供たちの15%の子供たちが麻疹に感染していたのです。
そうすると 感染率は35%まで下がります
そうすると流行は止まり、基本的にはこの35%から50%の間で変動していたのです。
これは、免疫群の一部になりつつあるということです。母親たちは、大人たちが再びウイルスにさらされ、自然な接種を得ています。
母親たちは、胎盤を通過することで、非常に強い血液免疫を持っていたのです。
このようにして、集団免疫の概念が生まれ、実際に追跡されてきたのです。

第五話 ブレディ・バンチは麻疹に取り組む

●世のお母さん方必見の麻疹ワクチンの真実でーす。

フォレストメレディさんの驚愕の持論
第五話 「ブレディ・バンチは麻疹に取り組む」が
とりあえずお披露目できる形になったので公開します。

今回もブログ形式だと
意味が伝わりづらい内容なので動画のみとさせて頂きました。

編集後記

今回は麻疹ワクチンの時代背景を知る手がかりが動画にまとめられています。

ちなみに動画のブレディ・バンチとは日本で放送されていたようで、
日本語タイトルは「ゆかいなブレディ家」だそうですが、
子供の頃、どこかで観た記憶があるような無いような…。

しかしながら、麻疹も今回のコロちゃんも、同じ手口ですね〜。

動画の字幕が速くて読みにくい人は
再生速度を落としてみて下さい。
画面右下の歯車のマークを
クリックすると再生速度を変えられる項目が出てきます。

感想コメントなど有れば、嬉しく思います。

第三話 新生児が避けるべきワクチン−その1

善意のある看護師は、

数時間前に赤ちゃんに予防接種を注射しようとします。
安全にスキップできる予防接種はありますか?
私はフォレストマレディです。これは私の驚愕の意見です。

 

f:id:jugtde:20201011165155j:image
以前の動画をご覧になっていて、まだ私と一緒にいる方は
おめでとうございます🙂

あなたは、あなたのために、そして世界中の人々のために、

より健康的な生活を送るための第一歩を踏み出しました。
正解です。予防接種を受けないことは、自分や子供と同じように他の人を守ることになります。


理由は後のビデオで説明します。
私を信じないなら、あなたは信じるでしょう。
もしCDCが彼らのやり方なら 子供は6歳までに14種のワクチンを 49回接種するだろう
バカげた数の注射が増えるのは確実だ


単純に「儲けが多すぎる」からだ。


「でも、いや、子どもたちのために。

もっとワクチンが必要だ 子供たちは病気にかかり、多くの人が死んでいる。

お金のためじゃないんです。」

f:id:jugtde:20201011171112j:image


「お願いだから 勘弁してくれ」


B型肝炎接種は、生まれたばかりの赤ちゃんが最初に受ける接種で、

通常は生後数時間以内に受けます。
全てのワクチンが一価ワクチンではありませんが、1つのウイルスを含んでいます。
中には5種類のウイルスが含まれているものもあります
このワクチンには1つが含まれています
あなたの生後2時間の乳児が6つの同時感染を撃退する必要がないことを贈り物と考えてください

(医師の "健康 "診断以外の自然界では決して発生しないもの)。
健康診断は アウシュビッツでの"シャワー"と呼ぶようなものだ
B型肝炎は、汚染された針や性的接触によって広がる血液の病気です。
もしあなたが売春をしていたり、クラックコカイン中毒になっていて、

北7番街の空き家で銃を乱射したことがあるなら、B型肝炎の検査を受けるべきです。
あなたがB型肝炎を持っていることが判明した場合は、

あなたの子供にB型肝炎ワクチンを与えることについてあなたの医者に相談する必要があります。
もし、あなたがクラック売春婦になったことがないのであれば、

あなたの子供にこのワクチンを与える理由はありません。


完全に不要です。


生後1日の赤ちゃんが共有針でクラックコカインを発射する危険性があると思われる場合は、
または自分自身を売春する場合は、B型肝炎ワクチンについて医師に相談する必要があります。
実際には、赤ちゃんについて医師に相談する必要があります。


彼らは良い人生の選択をしていません。


そうでなければ、これはおそらく、

CDCの計画全体で投与された最も無駄で不必要なワクチンです。


自分を予防接種推進派だと思っていても、

これは誰でも気持ちよくサボれると思うワクチンです。

B型肝炎のリスクがない限り、乳児期の赤ちゃんにこのワクチンを接種する理由はありません。


その場合でも、B型肝炎の検査を受けて、

ワクチンを接種するかどうかの判断をすることができます。


イギリスに住んでいる場合は、B型肝炎のリスクが高くない限り、この注射はしてくれません。
スウェーデンに住んでいる場合は、B型肝炎のリスクが高くない限り、この注射はしてくれません。
スイスとデンマークも同じ。フィンランドはこの注射を全く推奨していません
このワクチンを必要とする国が非常に少ないため、その有効性に関する情報はほとんどありません。
これは最初のワクチンだからな 脅すつもりはないが 効果があると思っておこう だが いつまで続くかは分からない
それは私たちが進むにつれてあなたが見るこれらのワクチンの多くの大きな問題です。
残念ながら、ほとんどのワクチンは数年以上は効きません。

長くても10年、2、3、5年のようなものです。子供が売春婦やクラック売春婦になるかもしれないと思ったらワクチンを接種した方が一番良いでしょうね
今のところ、赤ちゃんは基本的にB型肝炎のリスクがゼロであり、安全にスキップできます。
ヨーロッパではやってますよ、反バクサーのバカどもが!
ワクチンはダメージを与える可能性があるのか?
話すのが怖い 信じないだろうな
あなたは怖くて怖くて、医者に言われたこと以外のことをするのが怖くて仕方がない。
だから私はそれが含まれているアルミニウムについてはお話しません。 おっとっと。
言っちゃったよ マジでそんなつもりはなかった。
まだ、行きたくないと思っていました。まだ早いんだよ。
儚いんだよね。
私もあなたと同じだった。
妙なものは怖くて すぐに逃げ出してしまう
FDAが安全制限を設定しておらず、警告も出していないことを知っておいてください。
ワクチンに含まれるアルミニウムは、点滴栄養剤のような他のものにも含まれている。
だからメーカーは好きなだけアルミニウムを入れることができます

 

そして彼らはそうしています。

ワクチンが十分な免疫反応を引き起こさない場合、

何を加えるのでしょうか?刺激物です。

何を追加したんだ?

アルミニウムです

 

f:id:jugtde:20201011171143j:image

 

そして、査読付き(一時停止)という魔法の言葉がありますが、

それが自分の望むことを書いている限り、

人々は何でも信じてしまうのです。
アルミの毒性と自閉症の強い関連性を示す査読付きの研究があります。


(文末にPUBmedの研究へのリンクがありますが、もしあなたがそれに同意しない場合は、それをレビューしないでください、

あなたとあなたの仲間の時間を無駄にすることになります)。


もしあなたがこのワクチンをスキップすることを決めた場合、

あなたやあなたの赤ちゃんのママやパパは非常に勤勉でなければなりません。

f:id:jugtde:20201011165245j:image
病院のスタッフは、あなたの手から小さなリッキーを奪い取り、

あなたがこんにちはとキスする前に、彼らはガラクタを接種し始めるでしょう。
だから、あなたは子供にB型肝炎ワクチンを接種したくないことを

スタッフの看護師全員に知らせることについて特別にこだわっていなければなりません。

そして、看護師のシフトの変更に注意してください。

新しい看護師が入ってきて、自動操縦に進み、急いで離れ始めます。

マクドナルドからあなただけのタマネギなしのプレーンダブルチーズバーガーを注文しているようなふりをして、

あなたは彼らはとにかくそこにタマネギを置くつもりだと知っている。

この場合を除いて、もしそれが間違っていたら 子供は玉ねぎのことで泣き言を言うことはありません

彼らはバンシーのように叫ぶでしょう & 彼らのうんこを壁に投げつけるでしょう


B型肝炎ワクチンは避けた方がいい。
あなたは安全にそれをスキップして、あなたの最近生まれた子供に

遺伝子組み換え疾患や動物のDNAの自由な生活の数週間を与えることができます。
あなたは2ヶ月間ワクチンについての別の決定をする必要はありません。
あなたの美しく健康な子供をお楽しみください あなたがクラック中毒者や売春婦でない限り、

このワクチンに価値はない
他にも心配することがあるだろう これは心配しなくていい
省略して 人生を楽しんで
息を吸って、吐いて。
あなたなら出来る あなたの赤ちゃんは大丈夫。
これが私の驚愕の意見です。

 

アルミニウムワクチンのアジュバント自閉症の有病率上昇に寄与するか?
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/22099159/

B型肝炎の予防接種は、成人よりも新生児の方が高い抗体とメモリーTh2応答を誘導する。
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/14670334/

第二話 なぜ誰もがワクチン賛成派なのか?

あなたはワクチン反対派ですか?

それともワクチン賛成ですか?

両方の可能性は?

私はフォレスト・マレディーです
これは私の驚愕の見解です

 

f:id:jugtde:20201011093546j:image


ワクチンに疑問を持ち、反ワクチンではないと慎重に宣言している人たちがマスコミで多く報道されています。

"私は安全なワクチンを支持しています。

ほとんどの人は、あなたがワクチンに疑問を持っているからといって、

あなたが反医学だと思い込んでいます。反科学です。アーミッシュのように

私達がコルベットに乗る事を除いて…。
だから、彼らは何も言いたくないし、 あまりにもおかしなことは言いたくない。


私がすごいと思う医学的発見をいくつか挙げてみましょう。

抗生物質 アスピリンペニシリン、 CATスキャン、MRI どれもこれも欠点がないわけではありません。
マイナスのコストと、それらがもたらすプラスのコストを比較してみましょう。

良いものと悪いものの トレードオフを管理して バランスを取ることです。

これはあなたの為の本物の爆弾です。

医学的発見は、良いことよりも遥かに多くの害をもたらしたと私は思います。

 

ワクチンです。

実際のところ、ワクチン接種の実践を放棄したら、

採血や水銀治療が子供の遊びのように見えるようになると思います。

明らかに、私はヤブ医者かバカか、隠れた意図を持ったママブロガーのどちらかです。

私はこれらのものではないことを 保証します。

しかし、一つだけ言えることは、私は反ワクチン主義です。

全てのワクチンに反対しています。すべてのものにです。

私は以前はワクチン賛成派でした100%例外なく

でも研究を見始めました。

私は、毎晩のニュースや毎日のブログで私たちに提示された公式の記事よりも少し深く掘り下げました。
そして、私には物語全体が語られていなかったことが明らかになりました。


今、私は精神的には反ワクチンではありません。私はこのコンセプトが大好きです。

ウイルスを操作したバージョン(最適な状態であれば体が問題なく防御できるはずのもの)が、

典型的なものほど深刻ではない免疫反応を引き起こし、副作用や人的コストをほとんどかけずに免疫力を付与できるとしたら、

驚くべき事だと思います。それは素晴らしい事ですね。


しかし、それは本当にそのように動作しますか?

私たちは本当に自分のケーキを持ってそれを食べることができるのでしょうか?

動物組織で育てられた遺伝子組み換えウイルスを、子供たちの血液に直接注入しても、良いことしか起こらないと期待していいのでしょうか?

私たちはそんなに知的なのでしょうか?
私たちは、私たちが生み出しているかもしれない意図しない結果を本当に理解しているのでしょうか?私たちは少し恐れるべきではないでしょうか?ちょっと怖い?


あなたは映画ではなく本、ジュラシックパークを読むべきです。

いくつかの深い会話があります。
その中で、ジェフ・ゴールドブラム演じるマルコムが、

理性と自制心の代弁者として、次のように言っているのが、

映画の中に登場した数少ない会話の一つです。


科学は原子炉を作ることはできるが、それを作るなとは言えない。

科学は農薬を作ることはできても それを使うなとは言えない

科学はいつの時代も、自分たちの発明のための、

抑えられないチアリーダーであり続けるでしょう。

意図が高貴なものである場合は特に。

誰かが理性と自制心の代弁者にならなければなりません。
誰かが「恐竜?何がうまくいかないの?」と尋ねる必要があります。


他に3つの医学的発見があり、これらは何よりもはるかに重要です。
衛生、隔離、栄養。200年前には文明を荒廃させていたいくつかの感染症がありました。
絶対的に残忍だった。しかし、私たちの生活条件は恐ろしいものになっていた。
私たちは文字通り[検疫]で生活していました。

そして結果的に[検疫]を食べてしまいました。
どんな種類の[検疫]があるのか全くわからなかった。

 

ついに勇敢な科学者たちは水の中に小さなモンスターがいると信じ始めました
小さくて見えなかった
当時それらの科学者たちバカなオランウータンと見なされていました
彼らには斬新なアイデアがあった 掃き溜めの水を飲むな
夜の土を捨ててはいけない エヘン、失礼。[検疫]。お子さんが遊ぶ庭の外。


時が経つにつれ、より良い衛生的な取り組みが現れ始めました。

下水道とろ過された水システム 雇われ、魔法のように人々は病気にならなくなりました。
それから私たちは人が伝染することに気がつきました。
誰かの腕からにじみ出た膿を 鼻腔内でこするだけで 他の人から小水疱瘡にかかることができるのです
あるいは、彼らの息から発せられる空気、つまり、その人の気配からも感染することがわかったのです。
それで、私たちは積極的な隔離を始めました。病気の可能性が出てきたら、すぐに隔離所に移すようにしました。
家族も隔離され、家は掃除されたり、焼き払われたりしました(熱狂的な隔離主義者の場合もあります)。
 

しかし、それは功を奏しました...
典型的な流行病の時に山火事のように広がった病気の多くは、その魔力を失い
1800年代初頭の悲惨な存在を特徴づける流行が衰退し始めました。

健康管理の改善により、汚染されていない新鮮な食べ物が提供されるようになりました。
大都市に住む人々にとって、混雑した環境で生活する病気の動物は典型的な料金でした。


以前は、産業廃棄物が飲料水や農業用水を汚染し、動物や人間の栄養状態を悪化させていました。
授乳中の母親が新生児に感染することもありました。
しかし、食品検査、衛生、※ゾーニング法の強化により、

栄養状態はわずか20~30年前と比べて飛躍的に改善されました。

 

ゾーニングとは(一定の地域、空間を、非清潔区域と清潔区域に分類すること)

現代では都市計画など土地利用の区分を指す事が多い。
 
 これら3つのことを組み合わせて、何百万人もの人々を殺していた病気を粉砕するために、完璧な嵐の中で組み合わされました。
ワクチンができるずっと前から
それはゆっくりとしたプロセスでした
しかし、やがて人々は、衛生、隔離、栄養が機能していることに気付き始めました。
より清潔な町、換気された住宅、適切な下水処理のすべてが、

病気を悪化させ、攻撃するためのエンジンを持っていませんでした。
検疫は、病気の発生を迅速に隔離し、病気の行き場を与えました。
最後に、栄養学は、誰もが自然に感染症を撃退することができるようになりました。
 
世界中の子供たちの免疫システムを 安全に操作して ケーキを食べられるようにする方法があれば... 私は大賛成です。
誰だってそうでしょ?その上、本当に必要ならば
私なら大賛成です。
もし衛生や隔離、栄養が感染症を殺すのに99%近く効果があることを発見していなかったら、

私は生後2日目の乳児に奇跡の牛リンパを注射してもらうために真っ先に並んでいたことでしょう。
彼らは初期に小さな水疱瘡ワクチンと呼ばれていたように。


ワクチンの話をするときには、基本的に3つのことをお話します。

 

1) 実際に必要なのか?

2) 効果はあるのか?

3) 害はあるか?


ワクチンに疑問を持ったことがない人は、

おそらくこれらの質問には何も考えずに答えることができるでしょう。


1) 必要なのか?

もちろんです!
奇跡の万能薬がなければ、人間は存在していません。
2) 効くのか?
そう、もちろん。小さな痘瘡。ポリオ
はい、彼らは働く!

3) 害はあるか?

いいえ!科学的には解決されている 彼らは完全に無害です。


私も同じことを考えていました。
私はそれらの質問に正確に答えました。


しかし、私は思い出しました。何も自由ではないことを。

すべてはトレードオフなのです。私はワクチンの本当のコストを調べ始めました。
それと、お金の話をしているわけではありません。私たちの健康の話をしています。
私たちの子供たちの健康。種としての人類の健康、私はとても、とても怖くなりました。
私は核のホロコーストをあまり心配しなくなりました。
経済崩壊を心配するのを止めました。
私たちが免疫システムに与えている長期的なダメージについて心配し始めました。


だから、私のことをバカと呼ぶのも、

オランウータンと呼ぶのも(ごめんなさいオランウータン)、

好きなように呼んでください。
でも何をするにしても ワクチン推進派とは呼ばないでください

それは私を深く傷つけることになります

というのが私の驚愕の意見です。

第一回目 フォレスト・メレディさんの「私の驚愕の意見」シリーズ

科学は再び何かについて間違ったことをするのでしょうか?

f:id:jugtde:20201010194631j:image

科学は再び何かについて間違ったことをするのでしょうか?
それとも全てが正しく理解されたのか?
私はフォレスト・メレディです。これは私の驚愕の意見です。

f:id:jugtde:20201010194652j:image
科学と医学の歴史の中で
私たちはかなり恐ろしい理論に固執してきました
何十万人もの命が台無しにされているにもかかわらず、彼らは安全で効果的だと主張していました。

f:id:jugtde:20201011082318j:image f:id:jugtde:20201011082329j:image f:id:jugtde:20201011082929j:image
採血や水銀治療、ロボトミーやショック療法。
これらはすべて、世界で最も知的で伝統的な医師によって実践されている医学的事実であると一般的に信じられていました。
もしあなたがそれらのどれかを疑ったとしたら、あなたは嘲笑されたでしょう。


では、私たちは間違える事はないのでしょうか?
私たちはこれで全てが正しく理解できたのでしょうか?
もうこれ以上間違える事はありませんか?
もしあなたが騙されやすい人なら、

「私たちは済んだ(もう解決済みだ)」

「私たちは別の間違いを犯すことは決してしない。約束する。」

と言うかも知れません…。

…。

…。
現実は、私たちはもっと間違いを犯すでしょう。
私たちは物事を間違ってしまいます。
人の命を奪い、数え切れないほどの苦しみを引き起こすでしょう。

 

自分たちが良いと思っていた事が、実際には悪い事だからです。

 

そこで、皆さんに質問です。あなた達が次に犯す間違いは何ですか?
それはどの分野になるのでしょうか?
私たちは既に間違いを犯してしまったでしょうか?


それは私たちの目の前に座って、捨てられた医療行為の山に投げ出されるのを待っているのだろうか?
それが見つかれば、それを人間のプライドという人工的な建造物の中で、

もう一つのレンガの役割を果たすことになるのでしょうか?

それともそれは私たちに思い出させる役割を果たすことになるのでしょうか?

私たちはまだ間違っていることを終えていないのです。

f:id:jugtde:20201010200238j:image

それは私たちの脳に穴を開けて

私達にとって明白な物事をもう一度見直すきっかけになるはずです。
何事も決めつけない事です。

 

喫煙が肺がんの原因になると思いますか?
少し前までは、医師が次々と研究して、

喫煙が肺がんの原因にならないと結論的に証明していました。
議論はありませんでした。
科学的には確定していますので研究を見てください。


人間はこのような出来事を見て、私たちが

「そのような別の間違いをする事がない」と信じている事は、私の心を動揺させます。

 

医学の進歩はミスなしには起こりえません。

水域を検証し、かつては推定できないと思われていたことを

推定する新しい理論なしには、前進することは不可能です。


しかし、なぜか私たちは常に前の世代が私たちよりも知能が低いと信じています。
愚かな考えを持っていたのは彼らだと。
50年前の愚か者たちとは違って、私たちは何も信じません。

それが絶対的に真実で、効果が証明されない限り。


私たちが今どこで間違った事をしているか推測しなければならないとしたら、

それは何でしょうか?

 

携帯電話が実際に腫瘍を引き起こしているのかもしれません。

誰にもわかりません。

 

私はあまり調べていないが、未来の人類はいつか過去30年の歴史を振り返って、「なんて野蛮なんだ!」と思うかもしれない。


意図的にと電磁装置を頭に当てて何時間も放置して、

それを 子供にもやらせている!

多分そうかもしれませんね?
誰にもわかりません。

薬物禁止のせいかもしれない。
何かの役に立つようには見えません。
糞便移植は評判ほどではないかもしれない。
ソーシャルメディアは私達の心の衛生に悪いのかもしれません。
化学療法は、命を救うよりも多くの人々を殺すかもしれません。


誰にもわかりません。

私もわからない。

 

しかし、私は保証します。

私たちが現在行っていることの中には、

彼らが助けている以上に

多くの人々を殺したり傷つけたりしているものがいくつかあると言う事です。


善意にもかかわらず、それが本当に心からの善意であるにもかかわらず、

私たちは間違った事をしているのです。


どうしたら間違いを発見することができるのでしょう?

あなたは全てを知っていると思っていた場所を観察する事ができます。


あなたは、あなたの同意しない(あなたとは違う意見の)本を読むことができます。
答えを知っていると思い込んでいた事に自問自答する事ができます。


何事も決めつけないで 全てを疑ってみてください。

おそらく 素晴らしい発見があるかもしれません
それが私の驚愕の見解です。

 

第二話に続く